【風俗とリフレの違い】JKMAX亀井まりんちゃんインタビュー【女の子のレベルが高すぎる】



①まりんさんにとってリフレとはどんなものか

お兄さんたちが癒される〜〜ってたくさん言ってくださるので一言で言うと癒しの場所だと思います꒰⑅°͈꒳​°͈꒱♡

くわたより

「リフレ=癒し」とはリフレ辞典があればそう掲載されるくらい定番の答えです。

しかし癒しとは何でしょうか。

「癒し」でGoogle検索。

Wikipedia↓
ヒーリング。心理的な安心感を与えること。 またはそれを与える能力を持つ存在の属性である。

goo国語辞書↓
肉体の疲れ、精神の悩み、苦しみを何かに頼って解消したりやわらげたりすること。

お客様は、理由は何であれ「~したい」という気持ち、すなわち【心】を何とかしたくてリフレで遊びます。肩こり腰痛などの肉体的な疲れを何とかしたくてリフレに来るお客様は居ません。

つまりリフレは、お客様の心へいかに寄り添えるかが最重要。

類似業種といわれるものに「風俗」があります。しかし風俗はリフレとは全く異なります。

風俗もリフレと同じくお客様の心に寄り添えるかが重要なのですが、風俗とリフレはどう違うのか。

それについて考えてみましょう。


風俗といっても種類は沢山あります。ソープ、ヘルス、デリヘル、ピンサロ、イメクラ、オナクラ…。どんな風俗であれ、風俗は射精へと導く一連の流れがある程度はあり様々な性的サービスの「技」に頼れます。


特に、風俗の王様であるソープはそれが顕著。ビニールいかだみたいなマットにうつ伏せになった状態でコンパニオンがローションと共にシュルシュルーと滑っている様は「奴は今一体どんな体制で何をどうしてるんや!?」と振り返って確認したくなります。





それはそれで面白いのですが、リフレでそんな技があったら恐怖(ローション風呂というオプションがあるリフレ店もありますが)。


リフレでは、当然、風俗にあるような性的サービスは重要視されません。そういったことを求めるのでしたら、よく言うように「そういう所が出来るお店に行ってください。風俗へどうぞ」なのです。


それに対する反論は「リフレみたいにそういう事が出来ないところでコッソリそういう事が出来るのが背徳的で興奮するのです」というもの。一理あります。それこそが裏オプと呼ばれるサービスであり、リフレの醍醐味。


しかし醍醐味だからといって、リフレを裏オプだけに特化して効率よくお金を稼ごうとするとリフレの最重要課題である「お客様の心へいかに寄り添えるか」がないがしろになってしまいます。


まずは心ありき。


リフレには風俗店にあるような「性的サービスいつでもやるわよ」という舞台が整っていません。何もない空間です。そこからまずはお客様の心に寄り添って、お客様が何を求めているのかを察する事が重要です。

流れ作業的に「リフレはよく来るんですか」のように定番の質問をふったり、「何かオプションしますか?」と何の脈絡もなくオプションを促してしまうキャストさんが居ます。それが悪いわけではないですが、接客するお客様に「この子は他の子と何か違うな」と思って頂ける一工夫があるとお客様の印象により残るのではないでしょうか。

お客様は何を求めてこの場所に来てくれているのかを察して、それを踏まえた上で自分の出来る「また会いたい」と思って頂けるリフレをお願い致します。

それが、亀井さんのいう「癒しの場所」となり心がヒーリングされます。




②リフレを続けてこれた理由はなにか

お兄さんたちがまた来るねって言って来てくれるのとわたし自身がすっごく楽しいからです☺️?まりんちゃんじゃないとダメって言ってくれるお兄さんもいたりしてそういう言葉って本当に嬉しいし有り難いしたくさん癒せるように頑張ろうって気持ちにもなります??

くわたより

元モー娘。の保田圭さんはバラエティ番組『しくじり先生』にて次のように述べています。





「人それぞれ、その人にしかできない役割が必ずある。別にキレイだからアイドルではない。その人がいることで、誰かが元気になったり、笑顔になってくれたり、幸せになってくれればその人にとってはアイドルである。ビリ(最下位)の自分でもきっと誰かの一番になれる」


JKMAXは本指名数のランキングを毎月発表したり、月間スケジュールで予約状況を丸分かりにしたり、露骨なくらいキャストの人気が目に見えて分かる環境です。では、ランキングやスケジュールで目立っていないキャストさんはJKMAXでは駄目な子なのでしょうか。少なくとも、今出勤して頂いている?以外のキャストさんは、お客様に「また会いたい」と思って頂けるだけのお力があります(?のキャストさんはまだ接客内容が不明だったりデータ不足なので)。


回転コースなどを活用し、出会うお客様の分母を増やせば必ず「○○ちゃんが1番だよ」と思ってくださるお客様と出会えるはずです。亀井さんは「まりんちゃんじゃないとダメ」と言ってくださるお客様と出会えて自信になっているでしょうし嬉しいでしょうし、出勤しよう!というモチベーションにも繋がっているはずです。ロングのご予約を沢山前もって頂くことが多いので、亀井さんは良いリフレをしているんだろうなと想像できます。




③ここ最近のJKMAXはどんな感じだろう

MAXはずっとなんですけど女の子のレベルが最強で最高だと思います!!たまに事務所で会う女の子は驚くくらい可愛かったり細かったりいい匂いするしで憧れるような子ばかりで遊べるお兄さんたちがほんとに羨ましいです?❕

くわたより

どの時代のキャストさんも懸命に頑張ってくれましたので比べるのは酷ですが、亀井まりんちゃんが体験入店に来た時期と比較して、MAXのレベルは冗談抜きで100倍は良くなりました。

その要因はQSC+Vの追求です。

サービス業の最も基本となるQSC+V(Quality/Service/Cleanliness:品質/サービス/清潔さ/+価値)を徹底的に磨き、ご来店頂いたお客様に「もうリフレで遊ぶならMAXだけで充分!」と確信して頂けるほど絶対的な聖域へこれからも成長を続けます。




④JKMAXの魅力とは

やっぱり女の子のレベルが高すぎることだと思います!顔が可愛いとかだけじゃMAXではきっとやっていけなくて礼儀正しいとか当たり前のことが当たり前に出来るなど内面もしっかりしたいい子が揃ってるのがMAXだと思うしとにかくみんな美意識が高い!MAXの女の子に会うとわたしも自分磨き頑張ろう✊?って刺激を受けるんです。それがMAXの魅力です!

くわたより

「JKMAXは女の子のレベルが高いよね。可愛い子多いよね」というレベルではないです。亀井さんが言うように女の子のレベルが高すぎるのです。





全てにおいて「何だこの子は!?」という感動の出会いが必ず見つかります。その特Aレベルと遭遇したら最後、MAXの基準に満たないキャストさんはお客様から「うーん…」と思われてしまいます。

可愛い子しか生き残れないこの場所でバイトし続けるのは至難の業でありプレッシャーもあるでしょうが、MAXの環境が女の子をさらに若々しく可愛くしています。朱に交われば赤くなるということわざがあるように、MAXのキャストだからこそレベルが高すぎる女の子へと成長を続けられます。

最後に言いますが、亀井ちゃんの顔はレベルが高すぎます。タイプだからとかではなく、超安心する顔だし、可愛いし、スタイルも良いし、初期の頃より痩せてるし、正直最高です。


今日のJKMAXをチェックする→http://jkmax.jp/





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. こんにちは。日頃は秋葉原を拠点?としていて、我慢?できない時に池袋へ行っている者です。 …
  2. 2018/9/6

    JKMAXとは
    JKMAX広報の桑田です。 この記事では、私が命を賭けて運営しているJKMAXにつ…
  3. 前記事⇒JKMAXの歴史③(2017年2月1日~2月28日)初期メンバーの活躍 2017年…
  4. なぜ少女はネットで見ず知らずの男たちと出会いたがるのか? 最もわかりやすい理由がJKビジネスのJK…
  5. 今日は仕事が休みだったので久々にPCMAXで遊ぶ事にしました 時刻は昼11時 …
ページ上部へ戻る