【体験談】JKMAX初期メンバーあすかちゃんと裏事情を本音トーク【バンギャ】



以前、ひと回り以上年下の子と付き合っていました。


その子は所謂、元“バンギャ”。馴染みない方のために…
バンギャとはヴィジュアル系バンドの熱心なファンである女性を指します。





愛知県刈谷市のJK時代からスーパーの中に入っているロッテリアでバイトし、
新幹線や飛行機で日本各地を遠征しまくっていたんだそう。


舌ピとか付けてるメンバーに囲まれて両手ピースでチェキに収まるJK時代の彼女。
中にはハグとかぽっぺちゅーとかもあります。


鳴呼…貴女はそんな方々がタイプだったの?
デレデレな様子が伝わるチェキは、中々の衝撃でした。




JKMAX回転コースで女の子がやってきました。


「こんにちはー。ハイどうぞーーー」
「こんにちはー。失礼しまぁーーーす」


…初対面って緊張しますよね。


「んーーー、何さんか全然分かんない」
「あ、あすかっていいます」
「あすかさん!」
「ハイ!」
「あすかさんってアレじゃん!」
「ハイ!なんでしょう?」
「17-23の子じゃん!」
「あー、そうですー。うふふー。時間がいつも固定の…うふふ」




黒髪ロング、小柄でほっそい女の子。
パンキッシュなお洋服、ROCKなネイル。


でも、そんな子が静かな笑みを湛えてうふふーとか言うので、結構なギャップ萌えです。


あ、この子、安全な子だ。パンキッシュだけど優しい子だ。
リフレ中にヘドバンしないし(いや、しなくてはいけなくなるシーンもきっとある)、
中指立ててbitchとかf●ckとか言わない子だ。


「めちゃくちゃ久しぶりに出勤しました。1ヶ月ぶりぐらい?とかかなぁー」
「なになに?どんな遠出をたくさんしてきたの?」
「いやーーー、ライブの遠征行ったりとかー。うふふ。のんびりさせてもらってました」




JKMAXはお店も女の子もTwitterによる情報発信がこれでもか!ぐらい多いので、
適当にリフレ垢を作って通勤中とかにササっと見るだけで、
女の子との会話をスムーズに進めることが出来ます。


「もうねー、MAXマネーが凄すぎるよ…あれでしょ?飛行機バンバン乗ってね?」
「あははは。まぁ、飛行機は乗ってますね」


若くしていろいろな土地へ行き、好きなバンドを追っかける。
行動そのものは単なる追っかけなのかもしれないけど、
自然と経験値が貯まっていきます。


交通機関を調べる、予約する。ホテルを探す、予約する。
ライブハウスを調べる、探す、行く。年確されてから、手の甲にスタンプ押されて。


田舎でのほほーんと暮らしてる子には中々出来ないことを、
既にあすかさんはしちゃってます。平然とこなせます。
自然と人間力が養われていきます。魅力が高まっていきます。



好きなバンドやアーチストが売れちゃって、ライブ会場のキャパが大きくなり、
ホール→アリーナ→ドームになっていく過程がすんごくヤダ!と言うと。


「あーーそうそう!わかりますー。わたしも行くのは100…大きくて500とかなのでー」
「あぁ、いいよね、そういうサイズ。ちっちゃい所でやって欲しいんだよねぇ」
「うんーー。うふふ」
「ずっとクアトロでやっててくれって思う。大阪BIGCATとかになると、あぁ…てなる」
「わかりますー。このあいだLIQUIDROOMですらイヤになりましたぁー」


バンギャと盛り上がるキャパトーーク。
あるある過ぎて定番ですが、勿論あすかさんともバッチリです。


勝手なイメージだと、阿佐ヶ谷や高円寺のちっちゃなハコをせっせと回っているのかな?
あすかさん、ちっちゃな身体で倒れたりしないのだろうか。
そもそもちっちゃ過ぎてスタンディングじゃよく見えないのでは…


ちっちゃ可愛いあすかめろを思わず心配してしまいます。



「しかしあれだねぇ…」
「ハイ!」
「イメージしてた通りの…」
「ハイ!」


短くハイ!って返答しつつ、姿勢を正して耳を傾けるあすかさん。
静かな笑みを湛えて。小柄でほっそい子が。なんだこれ、いいな。


「…感じの方でございますな…」
「あ、ホントですか」
「ちょっと…あのねぇ…」
「ハイ!」
「前々から、気にはなっててねぇ…」
「アっ!ホントですか!ついったーですか?」
「ままま、お店のリツイートとかで見てて。で、いつかどっか回転で来ないかなぁーって」
「あぁーーー!ホントですか!?うれしい…」
「人気で忙しそうな子だから、回転では当たらないと思ってたんだけど、当たりましたねぇ」
「うふふふ。当たりましたねぇ」


ニコニコしてる。
今日も全身真っ黒なあすかさん。
今日はもう宣伝撮ったの?と聞くと、まだ撮ってないそう。


「黒と黒髪ぱっつんは変わんないの?」
「うふふ、変わんないです(ニコ」
「ぐふっ。可愛いねぇーーー。若いの!?」
「イマハタチです」
「あ…いいじゃんいいじゃん!正直に言うスタイル!」


スッと言った感じは偽り無さそう。


他の女の子も、18歳の子は自信ありげに18!と明言していますが、
そうじゃない子は途端に怪しくなってきます。


こうやって正面切ってくスタイル、格好良いです。


「いやー、最初店から18って言われたんですけど、ムリやーってなって」
「え!?でも18イケると思うよ?全然」
「いえあうあーーー、自分的に…苦しいんでー」
「あ、入店して1年なら、今19でいいじゃん!」
「いえあーーー、ハタチなんで…あはは」
「19もハタチも変わんないよ!」
「そうですかぁー?うふふ」


だったらいいんですけど、たまにこー、回転とかで入って何歳?って言われて、
なんだ18じゃないのかぁーって、言われることがちょいちょいあるんでーーー。
こだわりとかある人はすごいあるみたいで。


ふむふむ。女子高生に最も近い素人10代ロリを全国から召集!
というJKMAXで今日も遊んじゃってますけど、実はJDの方が好きですけどね、私は。
でも、無理にハタチって正直に言わなくても18,19で全然いけるけどね。ルックス的に。


「ホントですかー?わぁーーーい!うふふふ」
「あ、うれしいんだ」
「あー、でもー、なんで私ハタチって言いたいかっていうとー」


ぐいっと身体を前に出して、どんどん話してくれるあすかさん。


「お酒飲んでる人とかおさんぽとかで、先に19って言っちゃうと飲めないじゃないですか」
「まま確かに」
「…だから言ってしまおう、と…」
「あ、飲んだり食べたり好きなんだ?」
「あーーー、好きですねぇーーー」


池袋界隈で飲んでると、確かに店員さんによる年確がしっかり行われていることに驚く。
私も酒類を取り扱う業界にいたけど、年齢確認って作業はとっても大変なのだ。


「池袋って多いですからねぇー、そーゆー、ね…」
「あぁ、確かに未成年の子がフラフラしてるからね」
「うんー。うふふ」
「あー、でも、指名した女の子とお酒飲めるのは嬉しいかも。…お散歩したこと無いけど」


私はとても気を遣ってしまうので、JKMAXで遊んでいる時も女の子のことを考えてしまう。
どんなことしよう?とかではなく、その子の稼ぎのことや時間のことだ。


指名したとしても60分にして、OP代は勿論きっちり払い、単価が上がるようにするし、
少しでもベットに座ってお話しようとしてくれる子を、後ろのお客さんに影響しないように、
「ホラ急いで、次の方が待ってる!」なんてやってしまったりする。


「え、お散歩ってオーダーは嬉しいの?」
「あーーー、んーーー、やっぱり気分転換にはなるっていうかーーー」
「ふむ、まぁね。誰がいるのか分からない部屋のピンポン鳴らすのもね、大変よね」
「んーーー、いつも行ったり来たり行ったり来たりなんでー、たまには外でーって」
「ふむふむ。例えば、どんなところに連れてって欲しいとかあります?」
「えーーー。前はうなぎとか連れてってもらって、そのあとうさぎカフェとかはあります」


ちなみにそのうさぎカフェ、うさぎちゃんに対する扱いや環境がなってなく、
許せなくて居た堪れなくなって、お客さんを伴ってお店を出たそう。


「お散歩だと、稼ぎが悪くなっちゃって嫌なんじゃないの?」


「いやぁー。たしかにー、コースバックとオプション入るのが女の子はいいんですけど。
おさんぽ行ったらオプション代ないじゃないですか。デート代食事代は出してもらってるし。
でも楽しいからいいしー、ホテルでも出前やテイクアウト食べながらお酒飲んだり、
そのあとオプション入れたりするのもいいしー。あまりその辺は気にしてないです。
MAXならお散歩でもコース料金の半分頂けるからお給料的には充分。
楽しけりゃいいんですよ、お互い」


男性側も、タバコ吸う人吸わない人、お酒飲む人飲まない人いるよね。
お酒一緒に飲めるって聞くと喜ぶお客さんもいるかもね。
でもJKMAXだから一応未成年的な感じでやらないといけなくなるか。ふむふむ。


なんだか、ハタチだのお酒だのお散歩だの、いろいろな話をしてしまった。
非常に興味深い話。しかもあすかさん、偽りなく正面切って話してくれた。


なんか、断りを入れた方が良い気がした。


「ちょっとぉー、こんなこと女の子に言うの初めてなんですけど」
「ハイ」
「私、体験談をくわたさんに送りまくってまして。今のハタチやらお酒やらお散歩やら」
「ハイ」
「こんな話を送っちゃっても大丈夫ですかね…?」
「ハイ、大丈夫です。もはやもうこのお仕事上がろうかなぁと思ってたところだったので」
「!!」
「なんで、大丈夫ですよー」
「…もし、お店さんサイドからクレームとか来ればまた内容変わりますけどね」
「うふふふ」
「ご本人さんはOKね?」
「あはは、私は全然」


てか、JKMAX上がろうとしてたんかい!
17-23固定のあすかさん、悲しいこと言うなよ!


暫くMAXから離れていたところ、シフト入れませんか?と連絡がありたまたま入ったらしい。
遠征費用も必要だし、連絡があったということはまだ必要とされてる?と思って…と。

本当にいろんな話を聞いてしまった。薄着のあすかさんに寒くない?と確認する。
いや、実は左肩左腕に風が当たってて寒いんだよね。と腕をさすると、
あすかさんはリモコンで風向を変えてくれた。優しい。ちょっとぐっときた。


ちょちょちょちょ、いらっしゃい、いらっしゃい、
とエアコンから逃げるようにあすかさんを抱き寄せようとすると、
うふふふっと照れた笑みを湛えてスリスリ近寄ってくれた。


そのまま後ろから抱き寄せると、小柄な私でもやはりすっぽり収まるサイズ。
私の中にあすかさんが綺麗に収まった。


そのままぴとっとくっつく。
黒髪も毛先はパンキッシュだけど、それについて聞くと説明してくれる。かわいい。


細い腕。傷を負ってて。こんなにしっかりと話せる女の子なのに、
まだまだ言えないこととかあるのだろうかと案じてしまう。


身体に腕を回すと…細い。
か細いボディーだけど、全国飛び回るパワーがあるのだから人は見かけによらない。


150cmあると信じてる!と言ってるってことは、150ないミニマムな女の子。
オプションはオールオーケーらしいけど、今日はアレなのでアレはアレとのこと。


あすかさんが結構心寄せてくれているのが伝わっていたので、
具体的なオプション内容も聞いてしまったけど、肝心なところでうふふふっと照れてる。

いずみんごとも仲良し。
いずみ宅で一緒に爆睡かますし、めろん氏も含めてLINEしまくる貴重な初期メンバー。


自分に正直なあすかさん。
しっかりしているし、これからも自分らしく楽しんでいくのだろう。




こんなツイートも、見ててほっこりした。


今日はアレなのでアレはアレとのことだったので、違うことをしましたが、さすがでした。




★JKMAX本日の出勤をチェックする↓★
https://www.jkaruaru.com/jkmax-2/jk/

こちらのLINEへJKMAXキャストのご感想をお寄せください

http://line.me/ti/p/QsfL8vVsDB

ご感想を送って頂いたLINE会員様は回転コースを3000円割引致します!




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 関西援交シリーズ(以下、関西援交)とは、児童売春を撮影した映像であり、 新宿などの裏ビデオ店やイ…
  2. めぐちゃんはイチャイチャが業務的でなく、クネクネ恋人同士みたく絡みついてくる。 だから時間…
  3. JKMAXには、どーしても気になる女の子が、たまーに出現する Yちゃんもその1人 芸…
  4. ①ゆのさんにとってリフレとはどんなものか リフレとは!うーん…🤔 「リフレってなんですか…
  5. リフレで効率よく稼ぐためには、繁忙期を狙って稼ぐことと、JKMAXに所属することです。 よ…
ページ上部へ戻る