JKMAXひろすえさん体験談



そにあさん、ついにひろすえさんの予約を取ることに成功


ひろすえさん「シフト出しました」2分前


多い!!多いぞこれはいける!!
スケジュール確認→(えっ土日もう埋まってる、、)
と思いつつLINE。


17時出勤にしておいてよかった!!勝つる!!
ところが既読になったまま返答がない。


えっ、、終わった、、、?


不安になり手の震え・動悸などの症状が現れついに痺れを切らして電話をする


桑「MAXです」

そ「あっそにあです、、すみませんひろすえさんの予約ってどうなりますか」

桑「いま調整中だから待って ブチ」


動悸・息切れ・気つけすること30分



桑「15〜16で取れました!」



救〜〜心!!救心!!!!!

ひろすえさんの予約、取れただけで救心よりも効果があることが判明。

そにあ常連1「そんなに埋まるの早いと流石にきになるよね、俺も予約しよっかなw、、ほら!ソニアんも気になるんでしょ!」


そにあ常連2「更新された瞬間に通知がくるシステム作ろうかなw、、いや、変な意味じゃなくてガチの人はそのくらいやってると思うww」


などと申すそにあ常連氏たちに「いやいやわたしが絶対先に入るから。てかスパイみたいだしそういうことしたくないから」


などと度々喧嘩になり、不穏な空気になってたリフレにバイバイ。


てんしちゃんの時は緊張しまくってたけど、
今回はいろんな人に自慢しまくってたらさくたろうさんに


「え?ひろすえさん取れたの?貴重なお時間を、、。てかあんま言わないほうが良いんじゃない?」と忠告を受ける。


「(ジャニーズのグループ)のコンサートのチケット取れた!」
とツイートすると、
「取れなかった人のことも考えてください!」
と攻撃されたりするようだが、ひろすえさんの予約にも同じことが言えるのだろうか。


当日は色々な意味でドキドキしながら出かける準備をし、


(あー、今日ヘアメイクすればよかったかな)とよく分からない心配をしながら、最近覚えた編み込みヘアを作っていた。


電車に乗り、池袋に向かう途中でこれを書いている。

(えーっ、どうしよ!!前回は緊張のあまりハグ出来なかったから、ハグと添い寝してもらいたい。けど。どうしよう。わたし、何をしてもらいたいんだろう)

前にも書いたけれど、予約をすると(この60分は私の人生の中でも非常に大切な60分だ)と感じる。
定期的にお客様の気持ちを味わうと背筋が伸びる思い。



(わたしもお客様を絶対後悔させません!)

電車に揺られながら色んなことを考えていた。
今から会う人は入ってから1秒も待機がないという、麒麟とかユニコーンとかケンタウロスとかツチノコみたいな人。


電車のアナウンスが何か言ってる….



緊張で情報が何も頭に入ってこない。
(乗り過ごさないようにしなきゃ)


色々聞きたいことがあるのに、何も考えられなかった。
てんしちゃんはわたしの憧れの人だけれど、ひろすえさんはリフレを体験してみたい人だった。


(今日はハグしてもらおう!)


まだ夏の暑さが残る9月。セントラルホテルに到着しひと息つくと、全身に汗をかいていたことに気づく。


(い、いかん!!シャワー浴びないと!)


予約はこの日のひろすえさんの2枠目、、、少し押すだろう。シャワーを浴びる時間があると判断し、急ぎで服を脱ぐと汗を流した。


服を身につけている途中、まさかのチャイムで再び心臓が止まりそうになる。


(えっえっえっちょっと待って)


今出たら完全に不審者だ、でもこのままではひろすえさんの時間を無駄にしてしまう。外も暑い。


ワンピースを頭からかぶりながら、裸足でドアに向かって走ることに。


ひろすえさん「こんにち、、あっ、女の子!!(笑ってる)」
そ「す、すみませんほんと、、シャワー浴びちゃって、、」


(神との初対面なのに、こんな姿だなんて、、、)


ショックで死にそうだったけど、ひろすえさんが気さくで笑ってくれて心底救われた。


ひろすえさん「ありがとう、そにあさんですよね!」


対面する前に、ツイッターで認知されていたことに狂喜乱舞、血圧上昇、血液は沸騰寸前だったけれど、ひろすえさんのこの気さくさというか、、昔からの友達のような距離感に、今年一番の感動を隠しきれない。


(う、聞いてた通りだ。。)


そう、ひろすえさんに入りたい!そうMAXのお客さんに言いまくっていたわたしは、ひろすえさんに会ったことがあるという方に、感想を聞いてまわっていたのだ。


「リフレ嬢って感じじゃないね、友達みたいな感じ」
「ひろすえさんはね、いつ会ってもひろすえさんなんだよ。前に何人も接客してるはずなのに、疲れの色が見えなくて、、凄いと思う」


ひろすえさんは、本当にこの通りだった。
付け加えるなら、


全人類の中で最も手首と指が細く、色白で、美しすぎて人間味がなく、人形というよりは、、、マネキンのような完璧さがあって、汗とかかかなさそうで、、


そ「な、なんでMAXに、、、?」
そ「えーっ、、、えー、、、、、、、MAXなんなんですか?レベル高すぎません、、、?」


愚問だったと思う。なんで派遣リフレで働くのかなんて、そんなことはどうでもいいのに。
どうでもいいことなのに。


想像を遥かに凌駕する光景に、建前とかを何も取り繕えなくなるくらい、ひろすえさんは綺麗だった。


街を歩いていても、、というより、、握手会で見たトップアイドルよりも、美しくて儚くて、なんとも言えない。


そ「すみません、なんか、えー、言うこと考えてたのになんも言えない」


ひろすえさん「さっきからめっちゃ褒めてくれるじゃん!」


ハグをしてくれませんか!というお願いに、両手を広げ笑顔で迎えてくれた。


その仕草が可愛らしすぎて、なんだか照れてしまう。


(ほっそい!!!)
そ「えー細!7号ですか?5かな、、ほっそ!」
ひろすえさん「号とかわからん!笑」
そ「んーと、9がMサイズで、7がSかな?」
ひろすえさん「あ、そしたらSサイズだから7号なのかな?わからない!笑」


わたしが話している最中、枕を抱きかかえたり、寝そべったり、ひろすえさんは自由に過ごしていた。


添い寝もしてもらった!


しかし、横顔以外まともに顔を見ることができない。
なんだか目が合うとドキッとして、見透かされているような不思議な気持ちになった。


いろんなことを話した。綺麗にベッドメイクされたベッドの上に2人で寝そべって。
わたしがMAXに来た日のことを話していたとき。
リラックスしていたのか、話しながら涙が出てしまった。


そ「すみませんなんか泣いたりして」
ひろすえさん「いいじゃない、泣きー!」


「これ気持ちいね」
ひろすえさんは寝そべって、わたしのワンピースの裾を触っていた。
何も言わない、深入りしない、そんな優しさにまた泣いてしまった。


扉で閉ざされたホテルの窓。
それを彼女が徐に開けると、外から明るい日差しが差し込んできた。


何を話したか。という内容こそ隅々まで覚えていないのに、わたしはこの瞬間が強烈に心に残っていて、何度もリフレインする。


この部屋で一体何人が過ごしたのだろう?


きっとそのどの瞬間よりもいまは特別で、
この瞬間の2人だけが、世界とか現実とかから切り離されているような気さえした。


お願いしてsnowの動画や写真も撮ってもらったのに、見返してもなんだか嘘みたいな気がして、、すぐに嘘ではないことに気付くのだけど。


その後彼女がわたしの送った写真をツイートしてくれたのを見ても、なんだか会えたことに現実味がなかった。

「ひろすえさんに会ったんでしょ」
「ひろすえさん、どうだった?」



会う人会う人にそう言われ、なのに、考えるほどにうまく言い表せず、レポートは書けず、、それどころかわたしはしばらくの間、このページすらも開けなかった。

(麒麟とかユニコーンとか、ケンタウロスとかツチノコとか、、だったのかもしれないなぁ)


真相を確かめるべく、再度予約を取ろうと誓った。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 皆様初めまして。きゃしーです。 私は、JKリフレ嬢あるあると合法JKナビを運営しています。そし…
  2. どうも、アラフォーの者です。 連日、大変恐れ入ります。 しかし、前日に(つづく)と申し上げました…
  3. 昨晩はお忙しい中、5回転ありがとうございました。 トップバッターでいきなりノックアウトされまし…
  4. 最近はメッキリ出会えなくなった出会い系サイト。100%サクラなどという悪徳サイトが多数を占め、そもそ…
  5. 本日はJKMAXに復帰したロリ鳥ぽっぽちゃんとリフレ。 池袋東口ホテルが満室だった…
ページ上部へ戻る