【JKMAX体験談】つむぎ「えぇー!そこまでしちゃうんだったら、ちょっと暗くする!」



セントラルの〇号室でつむぎさんを待ちます。


実はつむぎさんとお会いするのは2回目。


以前回転コースで初めてお会いし、その時初めて○○た素晴らしいお方。


〇〇が大変気持ち良く、次も絶対お呼びするぞ!と心に決めていたのでした。


『ピンポーーーン』


いつも通りですが、いつも早すぎて笑ってしまいます。


「どうぞーーー」
「あっ!ああぁっ!?こんにちは!」
「あれ?覚えてます?」
「覚えてます!」
「あれまぁ!それはすごい!びっくりした…」


モコモコ着てます。可愛い。


黒髪です。可愛い。
黒髪正義。
黒髪は裏切らない。


チェック柄のスカートも可愛いです。
チェック好き。


「失恋の…うふふふふ、変な言い方しちゃった!」
「合ってるよ」
「うふふふふっ!合ってますよね?」


小さいカバンを預かって差し上げる。


「お久しぶりです!」
「お久しぶりでございます!今日もまた素早く来て頂いて」
「いやいや、とんでもないです」


上着もハンガーに掛けて差し上げる。


「ていうか、1ヶ月ぶり…?」
「いやいや、…それは、あなたが出勤を出さないから!」
「あはははは!」
「私はずっと“F5”を押してましたよ!」
「あはははは!」
「で、たまに入るじゃない!」
「急にね」
「わぁぁぁ、今日かよぉぉぉ!って」
「あはははは!」


…いや、笑い事じゃないんですって。


「そうなんですよ!12月最後の出勤から20日間ぐらい休んでて」
「うんうん、行方不明になってた」
「あはは、そうなんです。で、先週から復活してる感じです」
「うん、いや、で、今日来てたじゃん!て見て、明日出勤ですか?シフト出てますか?て」
「うん」
「入ってるんだったら、一番最初の枠お願いしますってLINEすると」
「うんうん」
「入ってません。申し訳ございませんが、シフトも出ておりませんって」
「すぅーーー(何故息を吸い込んだ)」
「でも今日明日は出てるじゃない?」
「そうなんです。シフト出しました(ドヤ)」


この子…どれだけ私が“F5”を押してたのか、分かってないな!?


「ということでですねぇ…。お年玉を差し上げます」
「えっ!?ええっ!?」
「わははははは」
「どんな“ということ”?」
「いや、それだけ待ち焦がれていましたよってことですよ…」
「あぁ…すみません。あっ、ホントだ!お年玉!うれしい」
「やっと渡せた…。2月になる前でよかったよ…」
「ありがとうございます」


ほんの気持ち程度なんだけど、喜んでもらえました。よかった。


「お支払いします!」
「あっ!そうだ」


カバンを渡して差し上げる。


「慣れてる?」
「いや、全然慣れてないよ。てか違うよ、紳士なんです」
「あっ…そうか、そうだった…あはは!」


小さいカバンが少し開いていて、赤いミンティアがはみ出ています。


「あはは、ミンティアはみ出てる。さっき買ったんです!イチゴ味、食べます?」
「んーーーーー、いいや」
「いいんかい!あはははは!いいんかい!」
「口の中可愛くしてもしょうがないよ…」
「あはははは!そっかそっか!」


MAXコース60分、本指名料込み1万円をお支払いです。


「ハイ、ありがとうございます!」


つむぎさんもお礼を言って、両手で受け取ってくれます。
つむぎさんに限らず、皆さんそうだなぁ…。この動きはしっかり教えられていそう。


「いやぁ…。回転の時のつむぎさんが忘れられなくて…」
「いやうれしい!そう言ってもらえると」


完全に前回の回転全身全霊リフレがきっかけで、今回の本指名となりました。


「“F5”連打して探してたんだよ。Twitterもやらない主義だし」
「そうなんですよ…。でも最近悩んでます。友達が体入したんですけど、作ろうかなって…」
「うんうん」
「だったら私も作ろうかなって…かなって…。かもしれない…」


つむぎファンの皆様、朗報となるかも?お会いになった際はプッシュしてみて下さいませ。


会えなかった期間を埋めるべく、お互い雑談タイム。


・失恋のその後
・日経平均の話
・仮想通貨の話
・就職活動の話
・学力のピークは中3の話(2人とも)


「でも第一歩。すごく大きな一歩ですよ、それは」


と励まされました。
優しい。
うれしい。


「じゃああっち向いて下さい」
「あっち!あはははは!」


足と足の間にちょこんとつむつむに座ってもらいます。


「なになになに?なになに?」
「いやいやいや、スタイルの良さが忘れられないんですよ」
「いやいやいや。あっ、ちょっと電線が…」
「あ、ホントだ」


電線をグリグリします。


「超電線させた!買いなおすか、そのままか…。でもまぁいいかなって。うふふふふ」


「ネイルすごいね」
「でも来週また行く!」
「そうなの?てかすげぇな!コレ!えっ、どーゆーコンセプトなの?」
「えっ、これは友達に全部お任せ」
「ネイルのおかげで手おっきいけど、ネイル無かったらお手手小さいよね」
「ちっちゃいの!そうなの!爪がなくなるとちっちゃいの!」


指が細くてちっちゃい手。可愛い。
その手を使って…ちょっと良からぬ想像をして、ゾクっとしました。


くっついて話していたら暑くなってきました。
とりあえずシャツを脱ぎます。


「あ、Tシャツ可愛いー」
「うん、TINTIN。TINTINの冒険」
「可愛いーーー」


つむぎさん、前回は買ったばかりの眼鏡が可愛いと言ってくれて、すごく嬉しかったのです。
今回も初めて着たTシャツをほめてくれました。
うれしい。
気付いてくれるの素敵。
好き。


((ほっ、惚れてまうやろぉぉぉーーー))


口に出しては言わない。恥ずかしいから。


「ねねね、むっちゃ覚えてるのよ。前に脱がしたらさぁ」
「きゃっはは!!」
「スタイルいいね!を連発してたのすっごく覚えてて!」
「あははっ!やだぁー恥ずかしい。いやでもー、この20日間の休みで太っちゃったから…」
「またまたまた…」
「いや、ホントに」
「じゃあ見よう」
「きゃーーー!確認されるの?恥ずかしいな…」


ごそごそごそ…


「これね、これがすっごいあったかいの!でね、もう1枚着てて…」


軽く無視しつつ、じわじわ脱がしていきます。


「よいしょ、よいしょ、恥ずかしいな…」


と言いつつ手伝ってくれるし、脱いだお洋服はさささっと畳んでいます。
さすが出来た嫁です。


「体温高いの!常に!だから一切風邪ひかないの!」
「いいじゃん!いいじゃん」


と相槌返しますが、これは…さては照れ隠しだな。


脱がし始めて、やたら口数が増えています。


「なんだろ…20日間も休んでたから、いろいろ抜けてて、あっヘアゴム忘れた!とか」
「今日は?」
「今日は…ちゃんと確認した!忘れないようにって」


とうとう下着姿になっちゃいました。今日のお色は〇です。


「どうしよっかな」
「どうしよっか」


と言いつつさわさわします。


「ふふっ……」
「なに?」
「ふふっ……」
「なに?なになに?」


つむつむ、完全に照れてます。


「明るくて恥ずかしい…」


そりゃ照明落とさない派ですから。


「明るくて恥ずかしい!」
「いいのいいの」
「えぇー、なんでーー。明るくて恥ずかしい」


今日もつむさんは明るく元気に恥ずかしがってます。


「えぇー!そこまでしちゃうんだったら、ちょっと暗くする!」
「ええっ!?やだー!やーだー!」
「ちょっと!ちょっとだけ!」


つむさんがパネルで調整します。
多少暗くなったけど、…でもまだ全然明るいです。
つむつむ、優しい。


「うふふー。なーにー?」


にっこり笑ってこちらを見てくれます。
回転の時、おっぱいの大きさとスタイルの良さがバッチリOKだったつむさん。
今日も完璧です。可愛い。


「あはは、恥ずかしいー!」


てことで、ほぼ1ヶ月ぶりのつむぎさん。
明るく楽しく。でもお互い配慮は忘れない、素敵で楽しいお楽しみタイムとなりました。


何だろう、しっかりしてるんですよね。
気配り、心遣いがしっかり出来る。実は大人。
…だから嫁にするなら、って話になるんだろう。


でも、明るい。元気。可愛い。好き。そんな子とのリフレ。
しかも頑張ってくれる。リフレは全力なのだ。今日もそうだった。


「えぇーーー!どっちも好きーーー!」


セブンのスイーツを2つ出しました。


「こっちは新発売ってあるよ?」
「じゃあこっちーーー!でもプリンも美味しいよね」
「じゃ、食べよ食べよ」
「ふふふっ。ありがとーーー!でもね、モンブランとかは苦手なの…」
「えっ…そうなの…?」


モンブランがあったら買おうと思ってましたよ…。


「でもあれでしょ?同じように“F5”押している人、たくさんいるんでしょ?」
「いやっ…。どうだろう…」


バン・ホーテンココアを飲む、妻・つむぎ。可愛い。


「でも、一昨日の方は、いるなら言ってよ…って言われた」
「やっぱりいるんじゃん」
「でも、Twitterとかもやってないから、伝えようが無くて…」


体入のお友達とペアで動く機会も増えそうとのこと。
またお友達と共に名前を見る機会が増える…かも?

別れ際。


「ありがとうね、そんな…“F5”連打してくれて」
「あはは」
「うれしいけど、なんか申し訳なかったなって」
「あはは」


ぎゅっとハグ。


「シフト出すように努めます。はやめに」
「そうしたら、皆様方も含めて、あぁ…やっと出してくれた!ってなるよ」
「あはは!そうですね。以後気を付けたいと思います。あはは!」
「いやでも、神出鬼没な感じも楽しかったよ?」
「ホント?良かった!読めないからね!?うふふふ!」


ホントに最初から別れ際まで元気満々でした。


「今日はありがとね。またお待ちしております」


明るくバイバイ☆です。


“オレの嫁妄想”が捗りMAX、つむぎさん。


今後、どれだけスケジュールにつむぎさんの記載がなくても、
一瞬の隙を逃さぬよう“F5”を連打し、
今後も最大限MAXの注意を払い、つむぎさんを確保してまいります!!!


((多分…シフト出してくれるようになってくれ…る、…くれたら…いいな))


(おわり)




★JKMAX本日の出勤をチェックする↓★
http://jkmax.jp/

こちらのLINEへJKMAXキャストのご感想をお寄せください

http://line.me/ti/p/QsfL8vVsDB

ご感想を送って頂いたLINE会員様は回転コースを3000円割引致します!




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 先ほど利用させて頂いた者です。 JKMAXはさくらさん初めてでしたが とても良い時間を楽しめ…
  2. 「PC MAXで関西援交シリーズのちはるに会えた」 との体験談が別人か…
  3. みなさんは「神待ち」という言葉を聞いた事あるだろうか? 家出した少女たちに食事や宿泊場所な…
  4. 「これから会える人連絡して」のような内容が出会い系の掲示板に投稿されていました。 早速メー…
  5. やあ( ´ ▽ ` )ノ いずみんごです🍏🍎 もうすぐ12月ですね。 わたしが…
ページ上部へ戻る