池袋派遣リフレJKMAX不二子ちゃん体験談!30分では足りない不二子パイ

アラフォーの者です。
このサイトではお初にお目にかかります。


人生初めてのリフレが、このJKMAXでした。昨年12月にリフレデビューを果たしたのです!
初めての感想は、((こんな世界があるのか、すげぇぞこれ!))という驚き。


少し妙な話ですが、別にJKにMAX寄せてる女の子と、
リフレ体験をしてみたかった訳ではないのです。むしろ大人が好きです。


でも、まずは“JKMAX”という名のインパクト、そしてコンセプト。
なんだか連日祭りが開催されているようで、“JKMAX”を真剣に全力で提供し続ける!
という方針と、それに向けて進む皆様に大変感銘を受けました。


すげぇ…熱いぞ、これ。


そんな訳で、昨年12月に回転コースを3度楽しみました。

素敵な女の子との出会いを夢見ながら、寒空の下、身を縮こませ、
池袋駅東口のレンタルルーム24へ向かったのです。

12月、たくさんの女の子と出会ったおかげで、私がゼブラ前ファミマのATM前に立つ回数が増えました。
普段は出来るだけキャッシュレス派なのに、これではファミマ店員に顔を覚えられてしまいます。

それだけオプションも捗ったということですが、勿論後悔などありません。
十分にお話し、癒し癒され、ぎゅっと抱きしめたのです。


さて、前置きが長くなりました。

しばらくJKMAXから距離を置いていたのですが、私の中で(そろそろ行くか)となりました。

安定の“〇回転コース、フリーでお願いします。〇時〇分頃到着予定です”とコールします。

LINE連絡派の私は、最寄り駅で電車に乗った際に、ささっと済ませます。とても楽です。


昨年12月のリフレデビューの際、レンタルルーム利用も初めてだったのですが、
今ではすっかり慣れました。

お願いしたコースに30分プラスして利用時間を伝えます。

窓口の男性は「後ろの自販機で黄色の〇〇を押して下さい」と教えてくれますから、
チケットを買い、窓口でチケットとルームキー交換します。


今回は『501』を案内されました。…ん、501…?

あれですね、『みやさん』が501の鏡に、2018年・新年の挨拶を済ませた部屋ですね。

これは縁起が良いです。ツイています。

鏡を見ると、脳内に画像を映し出すことができます。余裕です。
まだ回転でお会いしていませんが。


上着を脱ぎ、エアコンをつけた時点で、間髪入れずドアがノックされます。

毎回、本当に早すぎて笑ってしまいます。部屋に入って3,4分後です。

この子たちの移動スピードは、一体どうなっているのでしょうか。

「はいどうぞー」
「あ、はい、どうもー、どうもー」

と女の子が入ってきます。

何それ新しい。思わず笑ってしまいます。

「初めまして。JKMAXの不二子です」

「あ、不二子さん。どうも宜しくお願いします」
「どうもー、どうもー」

どうもーが出だしだったので、お互いどうもー、どうもー。

「笑。こんなにきっちり名乗ってくれるの嬉しいねぇ」
「あっ、本当ですか、うふふっ。私も名前呼ばれたいので」

「なんかさ。あのー、ナントカでーすって言いながら入ってきて、聞き逃すことが良くあって」
「はい」
「ええ?何て?何さん?もっかいもっかい!てことは良くある笑」
「うふふっ」

不二子さんがコートを脱ぐので、受け取ってポールハンガーに掛けて差し上げる。

「他に掛けるのある?」
「大丈夫そう!(ニッコリ)」
「おっけ」
「いやぁー、あったかい、ココ。あったかい」

上着も脱いで、ちょっと寛いでくれたか。

こちらを向いて、ニッコリ笑ってくれる。

お互い、第1印象は大事。

かの有名な『メラビアンの法則』によれば、3~5秒で決まる。

「この部屋初めて。501。上の方の部屋はデカイの知ってたけど」
「なんかそうみたいですね。一番上の部屋とかは…あそだ、お店に連絡しないと…」

いけない、いけないという感じも可愛い。

「毎回ね、忘れちゃうんですよねぇ…」

不二子さんの小さめなバックに、ヘアアイロンが入ってるのが見える。

「え、アイロン持ち歩いてるの?」
「お仕事する時は持ってます」
「えぇ?毎回?それ大変…」

HP画像の印象よりも長めの髪は、確かにクルクルとまとめられていて、
お顔の雰囲気、お洋服の雰囲気とも合っている印象。可愛い。

「なんか、お風呂入ると髪の毛が…猫っ毛なんで、あーあって感じになっちゃう」
「湿気で?髪はアップにして入るんでしょ?あ、とりあえずお店に連絡して」
「あはは」
「ゴメンね、途中で話しかけるなってね」
「うふふふふふ。えーと、何となく35分とかにしておきますね。初めましてなんで」

言葉を挟んでしまった私に対して、にこやかに応対してくれる。

「じゃあ、ホテル出る時も、髪の準備で大変だね」
「そんなに…毎回かけてる訳でも無いので」
「そっかぁーーー。女子って大変だよねぇ~!」
「大変ですよねぇー」

ベットにお互いペタっと座り、しばらく男女別の美容トークをする。
お化粧の話、ドライヤーの話、ボディークリームの話、パックの話。

「でも、結構肌ツルツルだよね」
「そうですかね?部屋の照明の加減かも。そんなこと言ったらツルツルですよ?」
「そんなこと無いよ!絶対無い。いやこれは、久々に回転行くから、すごく綺麗に洗ってきた」
「あはは」
「もう、全身洗い残し絶対無い。今めっちゃ綺麗」
「わぁー、いい人いい人。とてもいい人だ」

新大久保の話。ご飯の話。チーズダッカルビ。1人焼肉・1人焼き鳥の話。
話題尽きないな、不二子さん。素晴らしい。
あ、身振り手振りの手が足に当たってしまった。

「あ、ごめんね、大丈夫?」
「大丈夫です」
「あれ?生じゃん」
「生です」

思わず生足をさわさわと触ってしまう。

「エローい」
「え、触っちゃったけど、触っていいの?」
「いいですよ」

ボリュームある太もも。
素敵。
男性は好き、太もも。

「ね、ちょっとさ、向こう向いて?」
「向こう…?向こう…」

後ろを向いてもらって、背中から抱き締められる体勢に。

「何なの?何なのこれ…」
「何が?うふふふ」

引き続き太ももさわさわ。
引き続き鳥貴族の話、何ならこの後行って、貴族焼きのつもりだ。

「んん…」
「何でちょっと喘ぐのよ。え、何これ、触っちゃっていいの?」
「軽くだったら…うふふ」
「え、もう既に結構触っちゃってたけど、大丈夫?」
「これぐらいだったら…うふふ、大丈夫」
「大丈夫なの?何この子…」

声も話しも身体も可愛くって、喜んでしまう。

「でも回転30分て、ゆうて何にも出来ないよね」
「んー、この子と遊びたいってことなら指名した方が。でも、最初は回転で話したかったりするし」
「うん、そうだよね。回転って出会いの場って言うか。“縁”を感じる場って言うか」
「うんうん、うふふ」
「でもちょっとさぁ、コレは触らざるを得ないよね…」
「うふふふふ」

回転フリーでお越しになる前から存じ上げていた、不二子さんのおっぱい。
服の上からでも、あり得ない程のボリュームなのです。
こんなのは見たことがない。どうなってんだ。

「このへん、このへんは触らざるを得ないよね…」
「このへんはちょっとねぇー。このへんはちょっとねぇー。うふふ」
「このへんは触りたい場合、どうなっちゃうの?」
「このへんの場合はオプションになっちゃうんですけど。“全部触っていいよ”って感じの…」
「このへん、ちょっと感じたいよね…」
「このへん。うふふふふふ」

何なんだ、このへん。
勿論おっぱいなのだが、2人ともシャイなのだ。

「全身触って良くて、〇円です。どこでも大丈夫です」
「どこでも大丈夫!?」
「うふふ。ハイ、どこでも大丈夫」
「え、じゃ、ちょっとサイズだけ聞いておくか」
「サイズわぁー、サイズ…。Gカップだって思ってたんですけど、もっとあるってよく言われる」
「え…、それじゃあ早くワコールとか行ってよ」
「うふふふふ。でもでもでも、いつもおっきいのじゃなくて、ちっちゃめのをつけるんですよ」
「ふーーーむ。じゃ、ちょっと…」

“このへん”をさわさわしていく。

「もうちょっとさ…」

服もめくっていく。

「あれ、あれれれれれ?おかしいな、知ってるG・Hカップとちがぁーう」
「知ってるG・H…あはは」
「すげぇー!なんだこれは。すごいね!世界が違う」
「私も分かんない、うふふ」
「え、てことはさ、ん?A、B、C、D、E、F、G…H、『I・J』なんじゃないの?」

アルファベットが長過ぎて、もはや中盤の順番が分からなくなる程。

「すげえな。知ってるG・Hと次元が違うな…」
「うふふ」
「なに、外しちゃっていいの?」
「あ、下にずらして欲しい、かな。…恥ずかしい。あんま見ないで」

身体をくねらせて、腕ブラにしてしまう。

「あんまり見ないで…恥ずかしい…」
「ええぇ…ワナワナ…」
「うふふふふ」

「うおおぉぉ!すげえ!!!」
「うふふ、うふふふふふ」
「何これ、すげぇぇぇ」
「うふん、うふふ」

以下、※を繰り返しながら、下記の話をした(と思う)。

・スリム体系とモデル体系の違い
・大きいおっぱいに対する悩み
・ブラの好みや種類について
・元彼女がさぁー
・理想のデートやプレゼント
・コンプライアンスの話(不二子さん、賢いな!)

終始照れながら身体をくねらせ、大変に可愛い。
うふふが、えへへに変わって、終始照れまくる。

気が合ったのか、終始話しながらリフレしていました。
これは、次、指名することになるなぁ。
そろそろ…と準備していると、次の女の子にドアをノックされてしまいました。

2人とも話しすぎ。

楽しかった…

(つづく)

続き⇒JKMAXみゆちゃん体験談!No.1アイドルはエッチな妄想が激しい

★JKMAX本日の出勤をチェックする↓★
http://jkmax.jp/

こちらのLINEへJKMAXキャストのご感想をお寄せください

http://line.me/ti/p/QsfL8vVsDB

ご感想を送って頂いたLINE会員様は回転コースを3000円割引致します!




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. リフレで効率よく稼ぐためには、繁忙期を狙って稼ぐことと、JKMAXに所属することです。 よ…
  2. 「援助交際」という言葉が流行語大賞に入賞した1996年から今年で20年経ちました。20年経っても…
  3. みなさん!こんばんは!。゚(´つω・`。)゚。♡ JKMAXさくら?です! 最近暖かくな…
  4. 池袋はリフレ激戦区。 しかし“僕たちが求める若さ”の女の子とエッチな事は出来ません。 …
  5. JK(女子高生)の彼女が欲しい。エッチがしたい。愛し合いたい。 僕たちはそのような希望を持って…
ページ上部へ戻る