映画『2001年宇宙の旅』感想by釈迦(JKMAX)



釈迦ちゃんです!





私が好きな映画は、スタンリーキューブリック監督の
「2001年宇宙の旅」です!





以前から気になっていて、去年新宿でリマスター上映していたのを見れたのがきっかけに大好きになりました!映画が好きな方からしたらポピュラーだと思います。


1968年に作られた映画で、この時代では考えられないような撮影方法とそのストーリーに魅了されました。


この映画を見ると当時の時代背景も知ることができます。当時、アメリカではLSDという薬物とともにヒッピーが流行りました。彼らは自然とともに共存し愛と平和、自由を求めていました。この映画にはその要素があると思います。





私はこの映画を見て何事にも陰と陽のバランスが大切なのだと気付かされました。AIのHALに人間が頼りすぎた結果バランスが崩れてしまいHALは人を殺してしまいました。便利なものでも使いようによっては狂気にもなり得るのです。包丁で例えると、正しく使えば素晴らしい料理を作ることが出来ますが使い方を誤れば人を殺すことができます。「2001年宇宙の旅」は何度見返しても興味深く面白いです!皆さんも是非一度見てください!



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. JKMAXにご興味を持っていただきありがとうございます! JKMAXは池袋東口にある1番人…
  2. 回転でお会いした、りりすさんと240分お散歩ありで遊びました。 りりすさんは出勤も少なく、…
  3. 2018/9/6

    JKMAXとは
    JKMAX広報の桑田です。 この記事では、私が命を賭けて運営しているJKMAXにつ…
  4. 世界一嫌いな場所はどこ? ふとした会話の拍子にそんな質問をした。 彼女は「渋谷!」と…
  5. コンコン(事務所のドアがノックされる音) キィィィ・・・ガチャン(事務所のドアが開けられ、…
ページ上部へ戻る