映画『2001年宇宙の旅』感想by釈迦(JKMAX)



釈迦ちゃんです!





私が好きな映画は、スタンリーキューブリック監督の
「2001年宇宙の旅」です!





以前から気になっていて、去年新宿でリマスター上映していたのを見れたのがきっかけに大好きになりました!映画が好きな方からしたらポピュラーだと思います。


1968年に作られた映画で、この時代では考えられないような撮影方法とそのストーリーに魅了されました。


この映画を見ると当時の時代背景も知ることができます。当時、アメリカではLSDという薬物とともにヒッピーが流行りました。彼らは自然とともに共存し愛と平和、自由を求めていました。この映画にはその要素があると思います。





私はこの映画を見て何事にも陰と陽のバランスが大切なのだと気付かされました。AIのHALに人間が頼りすぎた結果バランスが崩れてしまいHALは人を殺してしまいました。便利なものでも使いようによっては狂気にもなり得るのです。包丁で例えると、正しく使えば素晴らしい料理を作ることが出来ますが使い方を誤れば人を殺すことができます。「2001年宇宙の旅」は何度見返しても興味深く面白いです!皆さんも是非一度見てください!



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. マイケル・ジャクソンを覚えていますか? もちろん、覚えていますよね。 今もなお、…
  2. 計測範囲:2017年2月10日~2018年8月31日 本指名数・本指名率・延長数・延長率・写真…
  3. ネットで女子高生と出会えるのは分かったから 具体的にどうすれば女子高生と付き合えるのかテクニッ…
  4. 最近はメッキリ出会えなくなった出会い系サイト。100%サクラなどという悪徳サイトが多数を占め、そもそ…
  5. 「援助交際」という言葉が流行語大賞に入賞した1996年から今年で20年経ちました。20年経っても…
ページ上部へ戻る